前へ
次へ

そうめんを食べるときはタレや薬味を工夫しよう

暑い夏の季節は、食欲不振になってしまうことが多々あります。そのため、食べやすいものを積極的に摂り入れるように心がけています。たとえば、よく食べるのがそうめんです。冷たくて喉ごしのよいそうめんは、暑い季節でも比較的食べやすいので、我が家の食卓には欠かすことができません。そうめんを食べるときは、市販のそうめんのタレを使用しています。シソやネギといった薬味をたっぷり入れて食べています。でも、同じタレで食べるとどうしても飽きがきてしまうので、自分でアレンジをすることも多々あります。たとえば、そうめんのタレに工夫をしています。鶏ガラスープの素をお水で溶いて、ごま油を少々入れると中華風の味になり、いつもと違った味を楽しむことができます。また、薬味として錦糸卵や酒蒸しした鶏肉をさいて入れると、栄養も取れますし、ちょっと豪華なそうめんを味わうことができます。他にも、角切りしたトマトを市販の麺つゆに入れるとさっぱりとした味わいを楽しむこともできます。同じそうめんでも、薬味やタレを工夫することで違った味わいを楽しめるので、これからも工夫していきたいと思います。

https://www.abekogyo.co.jp/news/blog/%E9%98%B2%E7%81%AB%E3%83%89%E3%82%A2%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E/
避難時の安全性を確保することができる防火扉をご案名しています

https://www.abekogyo.co.jp/products/entrance/
木製玄関ドアなら世界に1つのドアになります

https://www.zonexpert.co.jp/
Amazon運用代行なら完全成果報酬型専門コンサルのZonExpert株式会社にお任せください

メガネケース おしゃれ メンズ

一人暮らしにおすすめの安い食材宅配サービスは?メリットや選び方も解説

Page Top